税理士とはどんな仕事?

税理士とはどんな仕事?がわかるサイト

才能と呼びたい

国税審議会が行う税理士試験の合格で、税理士資格を取得出来ます。 税理士の受験資格も、大学、短大、2年以上の専修学校以上その他指定の学歴や、日商簿記1級資格合格者、関係した事務2年以上従事のいずれかで、受験することが出来ます。 合格率2パーセント台前後の難関資格です。

数字に強く、集中力のある特性を持つ人

税理士は、ある種、特別な集中力を維持しながら、業務をこなさなくてはいけない仕事です。 正確なタイピングで効率化され、ミスが極力少ないことが特性になります。 幼少から算術好きで、計算機も驚く速さで間違わずに、数字に強い素養は信用されます。 税務相談が円滑に進められる社会性も、求められています。

手間を合理的解決

過程をきちんと踏むことも、合理的解決の近道です。 納税のことは、まず、税理士に相談し、窓口にして話を進めると、スムーズです。 不服についても、遡及年数分の返納を求める場合等は、弁護士に相談して、裁判提訴が必要になるケースもあります。 自分自身では説明のしようのない難しい案件も、対応してもらえます。

申告納税制度における納税者のサポート業務

目一杯、税金を大目に払うつもりはないし、誰でも節税は考えるもの。
不動産のことで、知らないとそのままになっていた。
会社の固定資産倉庫物件を手放した後、買主の他社顧問税理士が調べたおかげで、本来の計算方法で算出した税額の差額の、払い過ぎていた税金が、固定資産過誤納金の還付不能金として、利息とともに返納されることになり、助かった、ということも。
餅は餅屋で、税理士に相談すべきだと実感した。
税務申告においても、毎年行われる法改正に対応するのが大変であるのを、軽減出来る効果もあります。
申告書の精度が上がり、ミスや間違いが減れば、税務調査の頻度も減ります。
会社経理の社員の人件費も、業務効率化出来て、削減に繋がります。
税務署との交渉も、法律や判例から、税務署の判断に、不服や抗議がしてもらえます。
銀行の融資についても、財務諸表の説明も税理士が行えば、質問にも対応してもらえます。
会計、税務の相談が出来るため、未然にトラブル回避や、数字から見た会社の財務状況の説明を受けることが出来ますよ。
税務調査の際には対応してもらえますし、節税対策が出来るので助かるでしょう。
また、個人の相続税の申告書作成、税務代理を、独占的に行ってもらえます。
遺言書の作成、遺産分割についての相談が出来ます。
遺産の分け方で、相続税額が大きく変わることもあるので、事前に税理士と相談し、調整することが肝心です。
複数の不動産の所有や、現金資産が多い場合の遺産相続の調整も、相談出来ますので安心です。