税理士とはどんな仕事?がわかるサイト

才能と呼びたい

税務代理と税務書類作成

税務代理について法的な情報を調べてみると、税理士法第32条で、担当の職員に対して証明書を提示する義務があると定められています。
代理として委任されているかどうかをここで確認していることになります。
これは調査官にも、身分証明書の携帯義務があり、税務調査を開始する際に、調査官の身分証提示があるのが普通ですが、関係人の請求があれば提示しなければなりません。
両方に手続き上の、身分の証明書を提示する義務があります。
税務書類の作成をして、個人や企業等の納税者に代わり、税務署に提出することが出来ます。
各申告に必要な税務書類の作成で、税務署に提出する場合は、代理を務めた税理士の署名押印が必要になります。
税理士はこうした流れを把握した上で業務にあたらなければなりません。

税理士さん選び

専門家として、税務相談に関する仕事が出来ます。
良い税理士、と言われるための努力は必要です。
一般的な生活基準が理解できて、クラスに合わせた相談の幅のある人が求められています。
中小企業の経営者や、経理担当者との、コミュニケーション能力も問われますし、無駄な税金は払いたくないのが心情です。
合法で適切な相談を行える税理士が、経営者から使える税理士、と判断されます。
税務署も、会社はきちんと税金を納めて当然であるという観点に立っているので、間違いなく税金を納めて、追徴等されないようにしてもらいたいのが、経営者の本音です。
税務署関係からの天下りの受け入れや、OB税理士の顧問契約締結などで、円滑に納税義務を果たす会社もあります。


シェアする

B!