税理士とはどんな仕事?がわかるサイト

数字に強く、集中力のある特性を持つ人

決算書作成と税務申告

IT等の業務効率化などで、会計ソフトを使っている会社も増え、個人や社内経理で会計ソフトに入力帳票しても、税理士に税務的な判断を委任されるケースも、増えているそうです。
税理士は、専門的な観点から、事業改善や、経営上の課題も教えてくれます。
1年に1回の決算時に、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書等を作成し、個人事業主の確定申告は、会計ソフトで作成したものを、税理士経由で税務署に提出出来ますが、法人の場合は税理士にお願いしましょう。
金融機関への提出用や、節税、キャッシュを残す、資金繰り等を考慮して、税理士が決算を組みます。
黒字が見込まれる場合の節税は、経営者にとっては、重要事項です。
その場合も含め、顧問契約等で、長期的なお付き合いが必要になります。

記帳代行その他

個人事業主の場合は、税理士に記帳代行を依頼するケースが多いです。
専門家に外注すると、社員を増やすよりは当然経費が安くなります。
税理士にコンサルティング業務も同時に任せることで、トータルな節税や、経費節減プランを実行するのに効率的です。
解決法を見極めることが重要で、本業に専念出来ます。
税務の法律知識を一から学びながら、社員教育を行うのも大変です。
AIの分野なども、最新情報を得るのも、他社と足並みを揃えるのも、簡単です。
精神的な不安を感じずに、積極的な経営戦略を立てられることも、プラス材料です。
良い税理士を見極めるためにも、相互に協力し合う体制を整えることで、バランスが良くなります。
より良い知識を増やし、コネを使って仕事の進捗にも生かせる、可能性もあります。


シェアする

B!